塾における生徒と保護者向けの規約

main-img

塾においても授業というサービスを提供している会社ですから規約が作られます。

入塾申込の際に、渡されることが多く生徒と保護者に向けたルールなどが書かれています。

ヨガインストラクターの養成の様々な情報を掲載しています。

内容はそれぞれの会社ごとに作成していますから同一ではありませんが、授業を提供していることには変わりないので、それほど大差はありません。


それでは生徒と保護者それぞれの内容を見ていきます。

コスト削減意識の研修情報を厳選して紹介しています。

まず生徒に対しては各種ルールが書かれていまして、通塾方法として徒歩もしくは自転車などが指定されています。

注目のコスト削減意識の研修情報はすぐに役立ちます。

学校ではありませんので、近くまで保護者が自動車で送迎することもありますが、近所が渋滞となってはクレームの原因となりますので校舎の目の前までの送迎は禁止しているところもあります。

自転車で通うにしても事故などにおいては一切の責任を持たないと明記していることが多いです。
もちろん行き帰りの寄り道や、大声をあげるなど迷惑になるようなことをしないように書かれています。

チャイルドケア・インストラクターの口コミや評判を紹介しています。

また台風等の天候不順による授業中止についても言及し、無理をして塾に来ることがないようにします。

1人1人に合ったオーナーシップの研修のお役立ちコンテンツ満載です。

次に授業を欠席したり遅刻もしくは早退する場合の方法が書かれていまして、無断で休むようなことがないようにきちんと連絡を求めます。
塾内においては集団授業を受講する場合、まわりの迷惑にならないような態度をしなくてはなりませんし、課題として出された宿題はきちんと取り組むように規約に書かれることもあります。保護者向けの規約としては主に書類と月謝について、書式やお金の入金方法もしくは期限などが説明されています。
塾のアルバイトの求人は、比較的容易にインターネットなどで検索できます。
専門の塾の講師を募集するサイトなどもあり、塾名や担当する科目から検索することができます。

一つの科目を担当するだけでも可能ですが、一般的には、2?3科目を担当する場合が多くあります。


1科目だけでも大丈夫な場合は、求人の募集要項の中に記載されているので確認が必要です。理数系か文系のどちらかの募集か、あるいは両方の科目を担当できる人を募集していることもあります。


働きたいと思っている場所があっても、文系か理数系のどちらを募集しているかは、そのとき欠員がある分野によって変わります。


また、3月など新学年に切り替わる前には、求人が多くあります。


夏期講習や冬期講習がある前や最中にも多く求人が載せられています。
アルバイトなどを考えている人は、この時期に探すとたくさんの求人を見つけることが出来るので、自分の条件にあったところを見つけやすくなっています。

https://4meee.com/articles/view/254002

場所によっては、残業があったり、授業だけでなく事務仕事や清掃業務を行う必要があるところもあります。
基本的に、講師が生徒の親と面談することは稀ですが、普段の生徒の様子や理解度をチェックシートなどに書き、それを元に生徒の親と個人面談を行うこともあります。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1271073352

個別授業の場合と集団授業の場合がありますが、それぞれ時給の金額はさまざまです。
飲食業などの時給よりも高く時給が設定されていますが、生徒が授業を休んだりすると授業はなくなり、給料も発生しないので、毎月、安定した収入を得るのは難しいこともあります。

http://talk.m3q.jp/t/5610

関連リンク

subpage01

安心が一目でわかる協会が発行する学習塾認証マーク

子供の頃において、学習というのは大人でいうところの仕事と同義であるということを小さい頃からいわれるはずです。学校だけの学習だけでは不十分な場合は、多くの家庭で子供を塾に通わせることをします。...

more
subpage02

塾に教員免許を保有した講師がいるかどうか

塾で講師をするのに教員免許は必要ありません。大学で教育学を専攻していなくても、塾業界へ就職する人は少なくないのです。...

more